スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
個人面談
小学校にて個人面談があった。
小1の次女と小4の長女の面談時間をずらして
一日で終わらせる。



先生の開口一番は 決まって
「 お母様からは なにかありますか? 」

子供に問題がない ということ自体は
ものすごく良いことなんだが
「 特に ありませ~ん 」 と言ってしまえば
面談に行く理由もないような…

で、結局 
我が子の恥をさらす 家庭生活における行動 や
学校では見せてないであろう姿を 語ってしまう
先生は 大ウケ である


次女の先生は 一年目の新米先生
長女の方は ベテラン先生

どちらも女性ながらの観点で 教育を語るのだが
共通することは
 「 ほめて 伸ばす 」 という精神

「 褒めれば 頑張るのです」
「 どんな些細なことでも 褒めてください 」
「 お母さんに 褒められるのが 一番嬉しいんです 」


確かに 長女、次女に関しては
出来て当たり前 ということが多く
褒められる ということが ほとんどない。
褒め慣れてないから 
いざ褒めるとなると 白々しくなってしまう(笑)
(ムツゴロウさんが動物をワシャワシャ可愛がる感じ…)


先生から出された宿題
「 褒める 」 は なかなかの難問です
スポンサーサイト
【2006/11/30 13:28 】
つらつらと・・・ | コメント(2) | トラックバック(0)
<<役員のお仕事 | ホーム | ♪じゃないよ>>
コメント
女の先生って褒めろ褒めろって良く言いますよねー。逆に講演会とかに来るような男の講師の先生は「叱れ叱れ」って言いますよー。
こないだ来た先生は「子どもを叱れる者だけが、子どもを褒める権利を持つ」って言ってました。あめとムチを上手に使えってことなんでしょうかね??
【2006/12/01 09:05】
| URL | みっちぃ #DSptUo96[ 編集] |
v-441みっちぃさん こんにちは

アメとムチの両立かぁ~
褒めようと思っても
肝心な子供達が悪さばかりして…

その点 末っ子(年少)は
何をしても 可愛がられ
些細なことでも 褒められて
かなり差別なのが現状です(笑)
気の毒な話だなぁ~ とは思うんですけど…
【2006/12/01 13:08】
| URL | シリウス #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pinkbunnymam.blog64.fc2.com/tb.php/405-9362ed9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
SEO対策:ファミリーSEO対策:姉妹SEO対策:子育てSEO対策:幼稚園SEO対策:キャンプ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。